2018年01月05日

東国原英夫が再々婚した妻の春香さんが出産(離婚した元嫁は片平夏貴、前妻はかとうかず子)



第17代宮崎県知事、元衆議院議員でタレント、政治評論家の東国原英夫の妻 春香さんが、昨年10月
5日、出生時2832グラムの男児を出産していたことをスポーツ報知が報じている。
(PR) 俺の嫁を紹介します
東国原英夫(ひがしこくばる ひでお)は宮崎県都城市出身、1957年9月16日生まれの60歳。たけし
軍団メンバー、お笑いタレントとしての活動を経て政治家に転身、宮崎県知事や衆議院議員を務めた。
私生活では1985年にフリーアナウンサー片平きみよ(現:片平夏貴)と結婚するも1989年に離婚、
1990年に女優のかとうかず子と再婚して一男一女をもうけるも2006年2月に離婚、2014年9月16日
に20歳年下の春香さんとの結婚を公表していた。
(PR) 私が離婚した理由

posted by gisland at 15:31| 熱愛・結婚・妊娠・出産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
-芸能ヘッドライン-