2015年11月10日

生稲晃子が乳がんで5度の手術!夫は「鉄板焼き 佐吉」の佐山智洋氏



1980年代後半に一世を風靡した女性アイドルグループ、おニャン子クラブ元メンバーで
タレントの生稲晃子が、乳がんのために直近に受けた乳房再建手術を含めると、
実に5度にわたる手術を受けて闘病生活を続けていたことを女性自身が報じている。
(PR) 歯から始まる怖い病気
生稲晃子(本名:佐山晃子)は東京都小金井市出身、1968年4月28日生まれの47歳。
フジテレビ「夕やけニャンニャン」のおニャン子クラブ会員番号40番として芸能界デビュー、
解散後もうしろ髪ひかれ隊メンバーやソロ歌手として、また女優として活動してきた。
夫は結婚当時CM制作会社プロデューサーで、現在は「鉄板焼き 佐吉」等を運営する
株式会社Mahalo代表を務める佐山智洋(さやま ともひろ)氏で、夫妻の間には
2006年3月には第一子となる長女が誕生している。
生稲晃子は2011年に初めて乳がんが見つかり、切除手術、放射線や薬物療法を受けたが、
複数回の再発を経て右乳房の全摘出手術を受けるに至っていたという。
生稲晃子のブログ ranking
(PR) これがわたしの旦那さま

-注目記事-
・城之内早苗の結婚 夫はフジテレビ木村忠寛
・新田恵利の結婚 夫はフジテレビ長山雅之(画像)
・渡辺美奈代の結婚と出産 夫はカラオケ「六本木どうする」経営の矢島昌樹氏(画像)
・中山秀征の結婚 妻は元タカラジェンヌ白城あやか(画像)ゆうゆ岩井由紀子とは破局